トップ

ニキビに使えるファンデーション

ニキビ肌の人は「しっかりメイクしてニキビを隠したい」とカバー力の高いファンデーションを選びがち。中でもリキッドタイプのファンデーションや油分の多いファンデーションは、確かにカバー力は高く落ちにくいのですがその分、毛穴にファンデーションが残りやすいというデメリットも。

具体的には界面活性剤や防腐剤、強い香料、タルク、シリコンと言うような成分が配合されているファンデーションは肌に刺激を与えやすく、落ちにくいだけでなく肌に負担をかけやすいのです。以前までは落ちやすいということで人気が低かったパウダリーファンデーションですが、今はニキビ肌にも使えるということで人気は上がってきました。

なかでもニキビ肌の人でも使えるということで人気なのはミネラルファンデーション。今回はニキビ肌でもOKなファンデーションについてご紹介します。特にニキビ肌におすすめミネラルファンデーションならこちらを参考にしてみてください。

さて、冒頭でもお伝えしていますが、ニキビ肌の人はニキビを隠すために落ちにくいファンデーションを選びがちですが、落ちにくいファンデーションと言うのは油分が多いので、落とすときにもかなりの負担を肌にかけます。

さらにニキビを隠すためにコンシーラーを愛用している人は、このコンシーラーによってもニキビを悪化させている可能性があるのです。ニキビを隠したいためにコンシーラーを使う時は、ニキビ専用の薬用コンシーラーを利用するのが基本。通常のシミやそばかすをケアするコンシーラーは、ニキビもしっかりカバーできませんし、逆に毛穴を無駄に詰まらせて、ニキビを悪化させるだけなのです。

ニキビ肌にも安心して使えることが多いと言われているミネラルファンデーションですら、使い方を間違えるとニキビは悪化することがありますからね。ニキビ肌の人にとっては、「どんな種類のファンデーションを選ぶか」と「正しい方法でファンデーションを使えているか」はしっかり確認する必要があるポイントなのです。